総量規制とは

総量規制とは、個人がキャッシングやカードローンなどで借金する際、借りすぎによる返済不能などを防ぐために決められたものです。

総量規制の知っておきたいこと

2010年6月に貸金業法が改正され、「貸金業者」に貸す時のルールがいくつか作られました。

消費者金融では年収の3分の1までしか借りられない事と、50万円超の借り入れには収入証明書が必要となります。

ちなみに貸金業者とは、主に消費者金融や信販会社のことで、銀行や信用金庫は対象になりません。

これは表面上同じように見えるキャッシング業者でも、その業者が銀行提携会社であったり、銀行の子会社で合ったりする場合は銀行キャッシングの扱いとなりますので、審査の内容が異なってくるということになります。

銀行系キャッシングとは

消費者金融での借り入れ限度額

上で書いた銀行系の業者ではなく、消費者金融での借り入れの場合、借入総額は、年収の3分の1ということになります。
これは1社ごとではなく借り入れの総額となりますので注意しましょう。

また、1社から50万円を超える金額を借り入れる場合、もしくは複数社合計で100万円超を借り入れる場合には、収入証明書の提出が必要になりました。

貸金業者は、消費者の返済能力を確認することを義務付けられており、一定額を超える貸付に対しては、年収を証明する書類が必要になります。

消費者金融からの借り入れの際に必ず証明書が必要になるわけではないので、借入額が上記に当てはまらなければ収入証明など提出しなくても借り入れは可能となります。

RSS お金を借りる、自分の借金を調べるキャッシングマニュアル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加