銀行系キャッシングとは

キャッシングの中に銀行系キャッシングと呼ばれるものがあります。
これは何も銀行から直接借りるものではなく、銀行と提携、または子会社などの消費者金融からキャッシングすることをこう呼ぶ場合が多いです。

総量規制を受けないメリット

お金を貸すにあたり、業者には総量規制という法律があります。
これは貸しすぎによる返済不能者を増やさないように決められた法律です。
総量規制では収入の1/3までしか借り入れができないのですが、銀行系キャッシングはこの制限を受けません。

だからといって上限がないわけでなく、当然審査というものがありますので融資可能な限度額はその業者によって異なります。

総量規制というものを部分的に知っている方は、1/3までしか借りることができないというのが頭にあるため、もうどこでも借りることができないと勘違いしがちですが、銀行系キャッシングに借入れがなければ、申し込みをしてみる価値はあるということになります。

審査が厳しいというデメリット

銀行系キャッシングは一般的にそれ以外の消費者金融に比べると審査が厳しいとされています。
ですが、一昔前に比べると、融資までに時間がかかっていたものが数十分で審査結果がわかったり、即日キャッシングできたりと使いやすくなってきているのが現状です。

RSS お金を借りる、自分の借金を調べるキャッシングマニュアル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加