借用書の書き方、書式、その1

利息の取り決めのあるシンプルな借用書

以下は「借用 太郎」が「金貸 花子」からお金を借りた場合のシンプルな借用書の記載例です。

120万円を借りて一括返済する場合です。

借用書

金貸 花子殿

    1. 私は貴殿より平成○○年○月○日、金壱百弐拾萬円を借り受けました。
    2. 上記借金につき、平成○○年○月○日限り、一括にて返済します。
    3. 利息は年5%とし、毎月15日限り、その月分を支払います。
    4. 遅延損害金は年10%とします。
    5. 借主について、次の事由の一つでも生じた場合には、借主は期限の利益を失い、直ちに残金を一括で支払います。
    (1) 利息の支払いを一度でも怠ったとき。
    (2) 民事再生手続きもしくは破産の申立があったとき。

平成○○年○月○日


住所 東京都○○区○○○○
氏名 借用 太郎   印

RSS お金を借りる、自分の借金を調べるキャッシングマニュアル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加