借用書とは

「借用書・借用証書」とは、お金の貸し借りを行ったときに交わす書面のことで、法的には、金銭消費貸借契約書と呼ばれるものです。
さらに細かく言うと、借り主だけが署名捺印して、貸し主に差し入れるものを「借用書」と言い、借り主、貸し主の双方がともに署名捺印し、双方で保管するものをお互いにするものですので「契約書(金銭消費貸借契約書)」と言います。

借用書を書かないといけない理由

お金を借りる時は通常、返すのが前提です。
ところが現実には返済が滞ったりと、お金の貸し借りにはトラブルがつきものです。

そのトラブルが起きた時に必要になるのが借用書となるわけです。
お金を返さないのは当然悪いことですが、だからと言って返さない相手から無理やりお金を巻き上げたら違法行為となってしまいます。
法律に基づいて貸した相手からお金を回収する際に非常に重要となってくるのが借用書となるのです。

わかりやすく言えば、例えばお金を貸した相手にあなたが
「お金を返してくれないか」
と言ったら
「お金なんて借りてない」
と平然と言ったらどうしますか?

借りてない

まずは貸している事実を証明しなければなりませんよね?

貸し借りを2人しか知らず、当の本人が借りてないなんて言い張ったら、これを証明するのは至難の業となります。

RSS お金を借りる、自分の借金を調べるキャッシングマニュアル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加